輸入代行をより安全に行うために気をつけるべきこと

気をつけるべきこと

お悩み宅急便のような輸入代行サイトを利用しての個人輸入は、むやみやたらに行ってはいけません。
海外から購入して日本に発送してもらうため、その方法には多少の規定があります。
また個人輸入ゆえに気をつけなければならないこともあり、注意を怠ると危険にさらされてしまう可能性も。

規定や気をつけなければならないことはとても簡単なことなので、これらに注意して個人輸入を行うことができれば安全に商品を購入することができます。

個人輸入のルールを厳守

個人輸入のルール

個人輸入には、厚生労働省が定めたルールがあります。
これらは購入者・国内にいる人々を守るために定められているため、きちんと守って医薬品を購入するようにしましょう。

購入は自分の分だけ

個人輸入は「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること」とされています。
ゆえに、自分が利用する分しか購入が行えず、次のような目的での輸入は禁止とされています。

●販売目的
海外から安く購入して国内で商品を売り差額分を儲けにする、などといった販売目的での輸入は禁止とされています。
●譲渡目的
自ら輸入した商品は友人や家族であっても譲渡してはいけません。
●共同目的
2人分以上をまとめて輸入することは禁止です。

購入可能な量に気をつけよう

通常、医薬品の輸入は許可を受けた人だけしか行うことができません。
個人が自らの使用のために輸入する場合は、書類を提出して許可を得た場合のみ購入することができます。
しかし、特例として厚生労働省が定める「規定の量」以内であれば、書類や許可なく輸入を行うことができます。
規定の量は次の通りです。

外用薬・・・・・・・・・・・・・標準サイズで1品目につき24個以内
*外用薬:軟膏などの外皮用薬、点眼薬など
*処方せん薬:有効で安全な使用を図るため、医師による処方が必要とされる医薬品
毒薬、劇薬および処方せん薬・・・用法用量からみて1ヵ月分以内
上記以外の医薬品・・・・・・・・用法用量からみて2ヵ月分以内
※日本の薬事法において医薬部外品とされるものであっても、個人輸入に関しては医薬品と同様の扱いになるものがある(例:養毛剤、ドリンク剤など)
※外国では食品(サプリも含む)として販売されていても、医薬品成分が含まれていたり、医薬品的な効能・効果が見られる場合は医薬品に該当することがある

輸入代行サイトを利用する前に確認しておこう

気をつけるべきことの確認

輸入代行サイトを利用する場合、気をつけなければならないことがあります。
これを知っておかなければいざとなった場合、自分自身を守ることができません。
商品を購入する前に、気をつけるべきことを確認しておきましょう。

購入はすべて自己責任

医薬品を個人輸入して使用することは、国によって認められています。
しかし合法なだけであり決して推奨しているわけではないため、個人輸入から医薬品を購入する時はすべて自己判断のもとで行わなければなりません。

ゆえに個人輸入でなにかあっても、責任はすべて自分にあることになります。
業者との間でトラブルが起きても薬を服用して身体に支障が出ても、国に助けを求めたり制度を受けたりすることはでないのです。

よってトラブルを回避するために、購入を検討している医薬品についての知識を身につけ信用できるサイトを利用し、個人輸入のルールをきちんと守って購入を行うようにしましょう。

なにかあればすぐ病院へ

どんなに注意をしていても副作用が出る時は出ますし、素人が完璧に本物と偽物の薬を見分けることはできません。
購入した医薬品を服用して、身体になにかしらの異変があればすぐさま病院へ行き診てもらうようにしましょう。